瑛太ホリエ牛血液型やアブ

標準

見守る天使

一頭牛只认意地っ張りで、死理.承知しないラ犁耕地時に関わらず、人がどうむちをひっぱたくそれ、それも一歩歩いていない.それきり、と別の牛拴その前を蹴りを蹴って後に別牛傷だらけ.それを持って仕方なくて、それを結びつける牛舎の外に、相手にしない.

この日、天気は熱くて、牛の全身たまらない焼けて地面に伏せてあえぎながら .そのアブこっそりまで飛んできたその身には、牛としか思って背中が痒い、振り返って見るアブそれの血を吸って、それの怒りの急、大声で叫びます:“モウモウ煮えたぎって小さい虫、要らないで私に吸血、または私があなたに対して遠慮なく.」

アブ聞いて楽、ジャンプ牛頭にバカ愚か者!で私は歩いて、それほどない限り、私はあなたの血を吸っていっぱい去って.

ホリエ牛聞いて来たばかりそれ以前、叫び、ぱっと頭ぶつけて柱に.アブ利口なよけて飛び降りた柱牛の身で、牛どんと音を突き倒す柱、追突された血が滴る頭、地の上で横たわって絶え絶えに、虻喜ぶ本当に頭牛光意地っ張りで糞力事を解決するか、最後には、己のしかない.

p>を見守る天使の本文<オリジナル、ネット転載『一品故事網」は、本人の同意を経なければならない!連糸QQ

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です