血液型カラスとひばり

標準

昔、カラスとひばり鳥類には有名な歌手.それらの歌声のような風がそよそよと吹く深山幽穀たり、時には9日の靑空のように飛瀑玉のようにまた大江海抑揚のあるゆったり.歌声が響くたびに、鳥や獣たちが四方から集まって、そしてそれらの美しい歌声感嘆嘖嘖.

日、カラスとひばりを聞きました自愧不如それらの美しい歌声.歌の鳥を身にまとう鮮やかな羽、胸を張って立って咲く花の梧桐樹にピンク.ざわめきの週囲に突然静かに下りてきて、すべての動物をみつけて耳を傾けてこの優れの激越歌声.

カラスを見てこの鳥は派手な羽、、聴いていてそのならではのすばらしい歌声が、突然連想:みっともないの黒の羽は、自らの歌声を知らないこの鳥より何倍の差……それは思うほど劣等感が歌うのが、最後についに、そっとまで飛んで1つの辺鄙な山奥で、それから閉じ歌声.

ひばりにこれに鳥の歌声に陶酔した、それは細心の歌声の精妙だところを体得して、そして中から探していた自分の不足、そして更生.その後、ひばりも雨で稲妻落雷、それも早く起きて练声.

の多くの年後、カラスが自分はどんなにの歌手、そして試したい歌声.しかしそれを一口を開くと、すべての動物はすべて走って逃げて散って、遠く.

カラス恥ずかしい限り、じれったいドリルまで続けて.

この時、ひばりの歌声がさらにまろやかで軽く浮き上がっ、すべての動物の歓迎を受ける.

は当初、カラスとひばりもない、それだけ長い羽の鳥は派手な元鳥の王で――鳳凰.

に、動物たちの知っている限りひばりは優秀な歌手で、カラスの歌声もかつてないほど人気ですね!

p> <注:この作品は白昼星空オリジナルネットによる明示して下さい、転載する空言『白』や『一品網」に明記し作者、歓迎紙メディアに掲載されますので、お知らせください.
連絡メール:
QQ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です